カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ボランティアリーダー塾 レポート

皆様こんにちは、ふるる函館でございます。

少し順番が前後してしまいましたが、今回は
2月17日~18日に実施いたしましたボランティアリーダー塾のレポートです。

参加者は幅広い年齢と分野の17名、まずは座学から始まりました。

講師は、独立行政法人国立青少年教育振興機構からお招きしました、指導主幹の北見靖直先生です。北見先生のエネルギーに圧倒されながらの講義がスタートしました。

ボランティアとして子供を支援するための心構えを学びました。
イベントに参加する子どもたちがどんな気持ちでやってくるか、それにどんな言葉をかけてあげるか。
それによって子どもたちのイベントへの期待感が変わってくるということで、
出迎えるスタッフとボランティアの力量が問われます。

次はアイスブレーキング実習です。

アイスブレイクにも段階があります。自己紹介を兼ねるものから…

チームの力を育てるもの、など

「初対面の人」から「チームの友達」へと変化させるように支援する方法を学びました。

チームでの活動は、「みんなでひとつの事をやる」というチーム力が鍵。ということで…
 食事づくりの実習です。

カレー、サラダ、デザートで班に分かれて作業。

班員同士がそれぞれ得意分野でフォローし合うことで、お互いのスキルアップへとつながりますね。
テーブルのセッティングも共同作業で。
 みんなでやったことで、達成感も共有できます。団体戦の醍醐味ですね。

夜は親睦会ということで、参加者のみなさんのボランティア活動についてお聞きしました。
 ボランティアのきっかけや、思い出に残った活動など…
みなさんの活躍が盛りだくさんでした。

2日目の朝は、日の出の時刻にお出かけしました。モーニングエクササイズです。

ふるるの裏、冬季車両通行止めの道から立待岬へ。道中、朝日を浴びる市街地が見えます。きれいですね。

他に人がいないので立待岬は贅沢にもふるるの貸し切り状態。
せっかくなので、市街地や朝日に向かって活動の抱負などを叫んでみました。

いい朝でした!!

さて、朝食後は想像力を働かせてのシミュレーションを実演形式で実践。


それぞれの班が考えた「状況」を、どんな方法で「対処」するかを演じ、みんなで討論しました。
そのあとは、ボタンティアリーダーとして今後の活動で「どう」するかを宣言する「アクション宣言」。
「~しようと思います」ではなく「~します!」と宣言することで、今後の活動への意思を固めました。

閉会式では、ふるるボランティアリーダー認定証を授与。
地域のみならず海外でも活動するみなさんの、ボランティアリーダーとしてのご活躍を
今後とも期待しております。
講師の北見先生、参加してくださいました皆さんありがとうございました!

「2018 “みんな集まれ ふるる祭”」

皆さん、こんにちは!3月4日(日)ふるる函館で今年度一番大きなイベント「2018”みんな集まれ ふるる祭”」が開催されました。朝早くからたくさんの方の受付での行列に、天候や道路状況が悪い中お並びいただき大変嬉しい光景でした!ロビーでは、「ちいさなしあわせパン」のパンの香りや「ワーカーズコープ茜」の学童クラブの子どもたちの作品、「コロポックルはこだて」ブースがお出迎えです。

沢山のブースがある体育館エリアでは、まずは「バルーンアート」の世界がお出迎え。その他には男の子にとても人気のある「SDガンダム」が作れたり、カラフルな「パステルアート」、「マグネットタイル」や「プラ板キーホルダー」も作れちゃいます☆ふるるブースでは体験プログラムで行っている「缶バッチ」、「デコパージュ石鹸」のほか「木のキーホルダー」を作成することもできます☆作っているときの子どもたちの明るい声が体育館に響き渡りました。

研修室エリアは、「HIF」で行いました初登場のプロジェクトワイルド ブースやこちらも初登場の「函館高専生」によるサイエンス・ファクトリーブースが人気あり、子どもたちの目がキラキラと輝き溢れていました。「革ひもストラップ作り」や「わたあめ作り」は、大人も一緒に楽しむことが出来、多言語講座の「フランス語」も身近に触れることができ、好評でした。

メモリアルホールでは、「アイヌ文様入りの草木染めバンダナ作り」、「レザーの模様付け体験」が行われ、かなり集中して作業する子どもたちの姿が印象的でした。宿泊棟エリアでは「駄菓子ブース」と「お風呂場で射的」が行われ、今も昔も、皆さん大好きですね。幅広い年齢で大変盛り上がっていました。

いつも食堂でお世話になっています、ISOYA DELIのフードブースは常に盛り上がっており、美味しいナポリタンやカレーライス、唐揚げなど大変おいしかったです。

天候や道路状況が悪い中、大変多くの方に参加頂き誠にありがとうございます。今年度もケガ、事故無く無事にふるる祭を終えることが出来ました。事前から準備に参加頂いたボランティア、出店者の皆さま、ご協力に感謝いたします。

ありがとうございました!

「お楽しみクリスマス会」レポート

               平成29年度 函館市青少年研修センターふるる函館主催事業

 

こんにちはふるる函館です!12月9日(土)に行われた「お楽しみクリスマス会」は総勢80名を越える参加者の方にお集まりいただきありがとうございました。今回お招きした外国講師の方々がフィリピンやオーストラリア出身ということで、夏のクリスマス!のお話を聞かせていただきました。

<↑サーフィンをするサンタクロースがおもしろいですね。>

フィリピンやオーストラリアの雪の結晶を作りました。外国でも日本の切り紙のようなものもあるんですね。

次はみんなの大好きなクリスマスケーキを作ります!ホイップクリームを泡立てデコレーションしました。一生懸命作ったのでとても楽しくて美味しいケーキができあがりました!

ケーキを食べ終わると、次はボランティアさんがリードしてくれたクリスマスコンサートが始まります♪おもしろい振り付けと一緒に楽しく歌を歌いました♪

今回のクリスマス会は、雪の結晶作り、デコレーションケーキ作り、クリスマスコンサートなど盛りだくさんで、どれをとってもみなさんの楽しい思い出になったことと思います。夏にクリスマスを祝う国(フィリピンやオーストラリア)があることについて知り、外国の文化や習慣などにも興味を持ってもらえたのではないでしょうか。

みんなで作ったデコレーションケーキも、みなさん美味しそうに食べていました。参加していただいた小学生のみなさん、保護者の方々と共に素敵なクリスマス会が開催できたことにとても感謝しております。

 

 

 

 

 

環境教育プログラム プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会

みなさんこんにちは、ふるる函館です!11月5日(日)に開催されましたプロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会の報告をさせていただきます。

講師は、現在、小樽を中心に活躍されている「Project  WILD」シニアファシリテーター「二杉寿志氏」、環境教育指導者の「二杉叶夢氏」、「工藤美千代氏」をお招きし開催いたしました。

プロジェクト・ワイルドとは「自然や環境のために行動できる人」を育てる環境プログラム。学校や野外活動において、生きものを通じて環境を学びます。プロジェクト・ワイルドはアメリカで1980年より開発が続けられており、全米50州、日本の他、カナダ、チェコ、インド、アイスランド、スウェーデン、東南アジアの各国などでも導入されています。

プロジェクト・ワイルド講習会の内容は、プロジェクト・ワイルドの考え方やテキストの使い方を実践を交えて学びます。後半は、指導者になった時のシュミレーションをテキストにあるたくさんのプログラムから題材を選び、チームでの発表形式で行いました。

それぞれのチームで生きもの気持ちになり文章をつなげながら詩を書いてみよう!という「○○の詩」。

クマの詩

カラスの詩

Gの詩

チームで決めた生きものの気持ちになり、ひとりひとりの言葉がまとまり詩になってゆきます。生きものの気持ちになって考えることで、普段は思いもつかないような発想が出てきます。

次に、「頭、手、足、胴体、その他」各部分を一人ずつ描き合体させてひとつの生き物を作る「人間とジュゴン」。

始めの意図としては、現存する動物で絵を描こうということだったらしいのですが、想像上の動物なども描くことによって、世界観に広がりのある動物が生まれ、楽しい絵になりました。

次のチームは、体育館を使い、人間が渡り鳥に扮し、越冬地から繁殖地へと毎年のように渡りを繰り広げる「渡りはつらいよ」。とある映画のタイトルのようですね。

 

越冬地から繁殖地まで行き来する渡り鳥達が、人間が介入することで起こる災害や自然界で起こるさまざまな環境の変化によって、個体数が減ったり増えたりと、イベントが発生したように疑似体験できるものになっています。体育館全部を使い、越冬地と繁殖地の往復でかなり体力的にもつらいもの(?)にもなっています。

最後に新聞紙やビニール袋を使い、実寸大の「くじらのしっぽ」を作りその大きさを体験しました。

新聞紙を縦横に並べ、くじらのしっぽの大きさに並べます。並べただけでも大きいのですが、そのしっぽには高さがあります。そこでビニール袋に空気を入れて、実物のような厚みのあるしっぽが出来上がります!実物大で見るくじらのしっぽの大きさに、とても驚きました!

プロジェクト・ワイルドの体験プログラムは、小さなお子様から大人まで、幅広く体験してもらえるものになっています。プログラムを体験することで環境問題、動物、自然などについて、より深い関心や興味を持ってもらえるような、きっかけづくりが出来ることを体験して感じました。

今回の環境教育プロジェクト・ワイルド エデュケーター養成講習会にお越しくださいました講師の、二杉寿志氏、二杉叶夢氏、工藤美千代氏に改めて感謝申し上げます。また、たくさんの方々に参加、資格取得をしていただきありがとうございました。このプロジェクト・ワイルドのプログラムを使い、よりたくさんの人達が自然や環境、動物について学んでもらえるよう願っております。